「運のいい人の法則」の解説

この記事では、イギリスの心理学者、リチャード・ワイズマン博士のベストセラー「運のいい人の法則」を徹底解説します。これを読めば、あなたも運のいい人になれるかも知れません。

運のいい人になるために

運のいい人は、理想のパートナーと出会い、生涯の夢を実現させて、望み通りの仕事につき、幸せで有意義のある人生を送っています。特別に努力をしたからでも、驚くような才能があるからでも、人並外れて頭がいいからでもありません。

それでも正しいタイミングで正しい場所にいる不思議な才能があり、不公平なくらい幸運に恵まれています。

書籍「運のいい人の法則」の中では、著者がその謎に迫り、運のいい人が実践する4つの法則が幸運に関係することを明らかにしました。

これから紹介する4つの法則の中で、皆さんが身につけたいと思える法則があれば、それに対応した運を鍛えるレッスンを読み、日常生活で実践してみて下さい。

どのレッスンも、実際に運のいい人が実践しており、科学的にも効果を認めているものばかりです。レッスンの実践によって、皆さんが運のいい人になれることを願っています。

<運のいい人の法則その1>チャンスを最大限に広げる

運のいい人は、偶然のチャンスを作り出し、チャンスの存在に気づき、チャンスにもとづいて行動しています。

運のネットワークを広げる

運のいい人は、外交的で愛想が良く、たくさんの人と話をすることで、自分のまわりに人を集め、知り合った人たちとの関係を大切にします。その結果、運のネットワークは驚くほど広がり、偶然の出会いの可能性がどんどん高くなります。

肩の力を抜いてチャンスの存在に気づく

運の悪い人は、何かに気を取られすぎて、自分の回りにあるチャンスの存在にさえ、気づかない状態にあります。また、緊張や不安に弱く、ごく狭い範囲に注意力が集中して、身の回りに溢れている予想外のチャンスを見逃しやすい傾向にあります。

その一方、運のいい人は、落ち着いてリラックスしているため、それだけ偶然や予想外のチャンスに気づきやすい状態にあります。

こうしたチャンスに気づく能力は、人生を大きく左右するほどのプラスの影響を与えます。

新しい経験を喜んで受け入れる

運の悪い人は、しきたりに縛られやすく、新しい経験を回避し、自分がこれまでにやったことのある方法を選びたがります。

その一方で、運のいい人は、さまざまな場面で新しい経験をしたいと考えています。また、しきたりにとらわれず、予測できない状況を歓迎します。

<運のいい人の法則その1>のレッスン

運のネットワークを広げるために、4人の友人を作る

これから一か月間、一週間に1人以上、あまりよく知らない人や初対面の人に自分から話しかけてください。

運のネットワークを広げるために、ご無沙汰している知人に連絡する

これから一か月間、一週間に1回、しばらく連絡をとっていない知人に連絡して、近況を訪ねてみて下さい。そこから運がひらけるヒントがもらえるかも知れません。

チャンスの存在に気づくために、リラックスする

  1. なるべく静かな場所を探します。目を閉じて、2、3回深呼吸をします。
  2. 夏の草原や静まり返った湖など、リラックスできる場所にいる自分を想像してください(あなたの気持ちが穏やかになり、幸せだと思える場面を想像してください)。
  3. 次に、体の中から、すべての緊張がゆっくり流れ出ていくところを想像してください。顔の筋肉を緩めて、緊張とストレスが顔の外へ出ていくのを感じてください。頭をゆっくり左右、そして前後に動かしてください。
  4. 続けて肩の力を抜き、腕を自由に動かして、すべての指先から緊張が流れ出る様子を想像してください。ここでもう一度深呼吸をして、上半身全体の力を抜いてください。
  5. 次に、下半身に移ります。片足ずつ、ゆっくり振って、力を抜いたままで足を自由に動かしてください。そのまま数秒間、ゆったりした気持ちが全身に流れるのを感じたら、ゆっくり目を開けてください。

このリラックス法は、自分でも驚くような変化を起こします。

新しい経験を喜んで受け入れるために、サイコロゲームをする

これまで「一度もやったことはないが、やってもいいと思える挑戦」を6つ選んでください。

選んだ挑戦を紙に書き出し、1から6の番号をつけます。次にサイコロを振り、出た番号の挑戦を必ず実行してください。別の挑戦に入れ替えたり、サイコロを振り直してはいけません。

<運のいい人の法則その2>虫の知らせ(直感)を聞き逃さない

運のいい人は、直感と本能を信じて正しい決断をします。

直感に耳を傾ける

運の悪い人は、直感にあまり頼ろうとしません。そのような感覚がないのではなく、直観を大切にせず、心の声に耳を傾けようとしないのです。

その一方で、運のいい人は直感を無視せず、直感を「立ち止まって慎重に考えろ」という合図だと考えます。その結果、正しい決断に導かれ、幸運な人生を手に入れるのです。

運のいい人と悪い人を集めて、直感の役割について簡単な質問に答えてもらったところ、「経済上の大きな決断をするとき」や、「キャリア上の選択をする」際に直感を信じる人は、運の悪い人よりも運のいい人が約20%も多いことがわかっています。

<運のいい人の法則その2>のレッスン

直感を鍛えるために、瞑想をする

  1. 静かな部屋で、椅子にゆっくりと座ります。目を閉じて、体の力を抜きます。
  2. 気持ちが落ち着いたら、同じ言葉かフレーズを、声を出さずに心の中で何回も繰り返します。どんな言葉でも構いません。
  3. 大切なことは、一定のペースで繰り返し唱えながら、頭を空っぽにしていくことです。唱える言葉だけに集中して、ほかのことは考えないようにします。そのうち、簡単に集中できるようになり、静止しているという感覚が生まれてきます。
  4. 20分ほど集中したら、ゆっくりと目を開けて下さい。このレッスンを週に3回、1回20分ずつ続けてみて下さい。

瞑想が終わったら、気持ちは穏やかになり、直感が最高に働く状態になっています。

<運のいい人の法則その3>幸運を期待する

運のいい人は、将来に対する大きな期待によって、夢や目標の実現を加速させます。

幸運が将来も続くだろうと期待する

運のいい人と運の悪い人を集めて、将来に対する期待度を調査したところ、

  • 運の悪い人は、「年をとったらかなり太る」「仕事の選択を間違えたと後悔する」「深刻なうつ状態になる」など、将来に対する「マイナスの期待度」が高い傾向
  • 運のいい人は、「周囲から、自分は才能があると言われる」「次の休暇は楽しく過ごせそうだ」「自分の実績が評価される」など、将来に対する「プラスの期待度」が高い傾向

にあることがわかりました。

たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して失敗してもあきらめない

将来に対する期待は、夢や目標を実現できるかどうかを決めるカギとなります。運の悪い人は、物事が悪いほうに進むことを期待しているため、挑戦する前から諦めがちで、困難に直面してもやり抜くことは滅多にありません。

その一方で、運のいい人は、物事がうまくいくことを期待しているため、目標を目指して努力する意欲が高く、たとえ成功する見込みが低くても、運の悪い人よりもはるかに粘り強く挑戦します。

両者の違いは、人生のさまざまな局面で、明らかに運のいい、あるいは運の悪い出来事を招くことになります。

対人関係がうまくいくと考える

運の悪い人は、自分は暗くて退屈な人としか知り合えない運命だと思い込んでいます。その一方で、運のいい人は、自分が出会う人たちは陽気で楽しい人が多いと思い込んでいます。

両者の対照的な期待は、あなたに対する他人の反応に影響を及ぼし、長い目で見ると、幸せな人生を送れるかどうかの重要な方向性を決めることになります。

また、仕事において、運のいい人は、自分の回りにいる人は有能で生産性が高いと期待しており、会議では有意義な結論が出ると思い込んでいます。仕事の世界では、部下に対する期待が、成功のカギを握ることがわかっています。

<運のいい人の法則その3>のレッスン

「自分は運がいい」と思い込む

少しばかりの思い込みは、私たちの考え方や感情にとても効果的な影響を及ぼします。これから二、三週間、毎朝、次のフレーズを声に出してみて下さい。

  • 「私は運がいい。今日も幸運な一日が待っている」
  • 「私はもっと運がよくなる」
  • 「私は幸運にふさわしい人間だ。今日も何か運のいいことが起こるだろう」

最初は気恥ずかしいかもしれませんが、続けていくうちに何かが変わります。

幸運を想像する

あなたにとっての重要な事柄に挑む前に、幸運を想像してください。

  1. 静かな部屋で、ゆったり座れる椅子を用意します。椅子に座って目を閉じ、2、3回深呼吸します。
  2. 心の中で、これから起こる出来事を想像します。周囲の状況やそこにいる人、あなたの目に見えるもの、聞こえるものを思い浮かべてください。
  3. 次に、その場面であなたが成功できることを想像してください。大事なことは、自分が着ている服や、自分がどのように振る舞いたいかなど、できるだけ具体的な展開を思い描くことです。また、いかにあなたが幸福で、目標を達成できるかを思い描いてください。
  4. ゆっくりと目を開けて、先ほど思い描いたあなたの期待を、現実にして下さい。

<運のいい人の法則その4>不運を幸運に変える

不運の中にプラスの側面を見る

いくら運のいい人でも、ときには不運やマイナスの出来事を体験します。しかし、彼らは不運に遭遇しても、もっと悪い事態になったかも知れないと考えることで、それ以上マイナスの思考になることを回避します。

そのおかげで、将来に対して高い期待を抱き続け、それが幸運な人生を招くことになります。

また、運のいい人は、不幸な出来事を経験しても、自分よりもはるかに運の悪いことを経験した人と比較をすることで、精神的なダメージを和らげています。

不運な出来事も、長い目で見れば最高の結果になると信じる

運のいい人も、人生で不運に見える出来事をたくさん経験しますが、時が経てば、すべて幸運に変わるものだと思っています。

後から振り返り、そのときは不運だと思えた出来事から良い結果が生まれた経験に注目すれば、将来に対して、より前向きな期待を持て、最後はうまくいくと信じることができます。

<運のいい人の法則その4>のレッスン

ゴミの山から宝物を探す

運のいい人は、不運の中にプラスの側面を見る時に、あるコツを使っています。それが、次の3つのポイントになります。

  1. 状況がさらに悪かった可能性を想定して、現状の中にプラスの側面を見つける(例.交通事故に遭ったが、死なずに命は助かった)
  2. 運の悪い出来事が、自分にとって本当に重要かどうかを考える(例.財布を落としてクレジットカードがなくしたが、長い人生を考えれば、たいしたことではない)
  3. あなたより不運な人と比べる(例.腰が痛くても、世の中にはもっと深刻な病気に苦しんでいる人がいる。彼らと比べれば、自分の不運など些細なことだ)

不運に見舞われたとしても、このようなプラスの考え方をすれば、気分が軽くなるはずです。

不運にこだわらない

悪い出来事が起こったときは一呼吸おいて、目の前の不運から幸運が生まれるかもしれないと考えてみてください。そして自分に問いかけてみてください。

不運の後に、幸運な結果が生まれるはずがないと誰が断言できるでしょうか。答えは、誰も「断言」できません。将来どんなことが起こるかは、誰にもわからないのです。

一つ確かなことは、不運にこだわって、くよくよしなければ、今より必ず状況が良くなるということです。

気分転換をする

肝心なことは、不運を引きずらないことだと、運のいい人たちは口を揃えます。不運にこだわらず、気分転換をしましょう。

  • 運動をして体を動かせば悩みも忘れ、気持ちが高揚します。
  • 20分ほど時間をかけて、これまでに経験した幸運を思い出してください。楽しいことを思い出せば気持ちも明るくなります。その時の状況や、あなたがどんな気持ちだったのかを心の中で再現してください。
  • 友人に会って、お茶をしながら、相手の近況や他愛もない話をしてください。

前向きな問題解決をする

運のいい人は、問題に直面した時、有意義かつ前向きな方法で解決しようとします。自分の過去の失敗から教訓を学び、自分なりに新しいアプローチを考えて、不運に立ち向かうのです。

前向きな問題解決には、次の5つのステップが必要になります。

  1. 自分にはどうすることもできないと決めつけないでください。自分が主導権を握り、不運の餌食にはならないと言い聞かせるのです
  2. 今すぐ何かを始めてください(明日でも来週でもなく、今すぐに)
  3. 考えられる選択肢をすべてリストに書き出してださい。物事をさまざまな方向から見つめて、できるだけ多くの選択肢を挙げてください
  4. 書き出したすべての選択肢を一つずつ検討し、どのように前に進むかを考えてください。具体的にどのような結果になるか、さまざまな展開を考えてみましょう
  5. 解決方法を決めた後は、即実践してください。もし、待つ方が大事だと考えた場合は、行動を起こさないという解決方法を実践してください。肝心なことは、目の前の問題にこだわるのではなく、解決策を見つけるために集中することです

まとめ

この記事では、運のいい人が実践しており、かつ科学にも効果のある4つの法則を取り上げました。

その4つの法則とは、

  1. <法則その1>チャンスを最大限に広げる
  2. <法則その2>虫の知らせ(直感)を聞き逃さない
  3. <法則その3>幸運を期待する
  4. <法則その4>不運を幸運に変える

です。

もし、あなたがこのうちのどれか一つでも欠けている場合、それ対応したレッスンを読み、実践してみてください。

[参考書籍]

リチャード・ワイズマン(著)「運のいい人の法則」<角川文庫>

その他の最新記事8件